色が表す心の状態は表裏一体

あなたが赤を選んだとき。どのような気持ちですか?色にはそれぞれ心や体に与えるイメージや影響があります。

でも同じ色を選んだとしても、感じる印象は表裏一体です。そこに働くのはポジティブな心理でしょうか?それともネガティブな心理でしょうか?もしかしたら両方が存在しているのかもしれませんね。

赤は強い感情。それは愛情かもしれないし、怒りかもしれません。

橙は心に深く残る感情。それは喜びかもしれないし、恐れかもしれません。

黄は自己の探究。それは希望かもしれないし、 不安かもしれません。

緑は調和。それは 安心安定かもしれないし、 優柔不断かもしれません。

青はコミュニケーション。それは受容かもしれないし、 孤独かもしれません。

藍は鋭い洞察力。それは繊細さかもしれないし、 神経過敏かもしれません。

紫は高い精神性。それは癒しかもしれないし、 ストレスかもしれません。

あなたの心に留まったキーワードはありましたか?もちろんここに挙げたのは、ほんの一例です。また、体の状態からその色を欲する場合もありますし、過去の記憶と結びついている場合もあります。

ある色が気になったとき。ちょっと立ち止まって、自分の心と向き合うきっかけにしてみてくださいね。