ショックを乗り越え、温かみを感じたいときのオレンジ

息子がインフルエンザになりました。久しぶりに40度近く熱が出て、丸一日ぐったり。

何か口に入るものはない?と聞いたところ、リクエストは珍しく、普段頼むことのないパンプキンスープ。とはいえイチから作る余裕はないので、インスタントになってしまいましたが・・・

私も体や心に不安を抱えた状態だと、昔から急に温かいかぼちゃのおやつや料理が食べたくなることがありました。そのほっこりした甘さと温もりに癒される部分は大きいですよね。

かぼちゃの色にも関係があると思います。あの鮮やかなオレンジ。

オレンジは心にダメージを負うような強いショックを感じたとき、トラウマを抱えているときに気になる色だと言われています。オレンジに心惹かれるか、見るのも嫌な状態なのかはその人によります。苦しみを乗り越えたとき、手に取れるようになるそうです。人知れず感情をため込んでいるときに影響してくる色です。

また一番、家庭の温もりも感じられる色。久しぶりの発熱で心細くなった息子がパンプキンスープを選んだのは、そのせいかもしれません。

パンプキンスープ