私がアロマに興味を持ったわけ

3年ちょっと前の慌ただしいある日。戸口に左手をうっかりぶつけてしまい、小指の骨を折ってしまいました。幸い手術は成功し、1か月後にはお医者様から骨が修復したとのお墨付きをいただきました。

ただギブスを外した後の指は、固定し続けていたので「こんなにも!」というくらい曲がりません。このままでいると本当に動かなくなってしまいます。痛みに耐えながら無理やり曲げ伸ばしをするリハビリが始まりました。

そのとき、訓練前のバブルハンドバスがとても気持ち良くて。優しいラベンダーの香りがしていたのを良く覚えています。訓練の痛みが憂鬱で緊張している心と体が、ほんわりとほぐれていくようでした。おかげでリハビリは最後まで続けることができ、今では以前とほぼ変わらず曲げられるようになっています。

そんな素敵な香りに惹かれ、またこうして病院のケアにもアロマが使われていることを知り、興味を持った私は本を買って通院の待ち時間などに読み始めました。それからマイペースで勉強を続けています。

手を大事にしたい癒したいという気持ちも芽生え、ハンドセラピーについても学んできました。身に付けた知識で、家族のケアもちょっとずつできるように。これからもっと多くの方のお役に立てるようになりたいと思っています。